保険加入で注意すること

これから保険に加入しようとする人はたくさんいると思います。
自分にははだ早いかも・・・なんて考えている人もいるでしょう。
結婚して自分の家庭が出来たから保険を意識した!という人も多いのではないでしょうか?
では、保険に加入する時はどんなポイントをおさえなければいけないのでしょうか。
保険が難しいと思っている人に色々とたくさんの事を言うと、余計難しく感じてイライラしてしまうと思います。
なので、まずはここをおさえてみよう、というところをお話しましょうね。保険相談 東京おすすめ

一つ目におさえておきたいのは、「万が一、怪我や病気をした場合、どれだけ早く対応してくれるのか」ということです。
これには、迅速に対応してくれる担当者と、そもそもそこの保険会社がきちんと早く対応してくれる保険会社なのかということを見定めなければなりません。
普通の保険会社ならば、保険内容はあまり変わらないところが多いと思います。

唯一確かめなければいけないのはその保険会社が何かと文句をつけて保険金を出してくれないような会社じゃないという事を証明する事です。
ですが、そんなものは他人に聞いてみたり、インターネットで口コミを見たりすればすぐに出てきます。

なので本当に大切なのは「良い担当者かどうか」だと私は思うのです。
担当者と良い関係を築ける事が、おさえておかなければならないポイントだと思います。

通信型保険

皆さんは通信型保険というのを知っていますか?
通信型保険は、他の保険と違ってとても安いのが特徴になっています。
では、なんでそんなに安く出来るのかを考えた事はあるでしょうか。
また、通信型の保険でも、信用して契約する事ができると考えていますか?
「通信型」と言うところが引っかかって契約をしようという気になれないという人がとても多くいるようです。
ここでは、通信型保険の良いところと悪いところをお話していきたいと思います。

通信型の保険の良いところはまずはやはり他の保険と比べて安いところですよね。
「なんで、安くなるの?怪しいからなんじゃないの?」と思っている人もいるのかもしれませんね。
実は、通信型の保険加入は、普通の保険会社よりも審査が厳しいのです。
それはなぜかと言うと、通信型の保険会社には加入できるのはリスクの低い問題を起こさないようなお客さんだけにしぼるからです。
つまり、怪我をしそうだったり、事故を起こしそうな人は元々保険に加入できないようにしてあるのです。

次に悪いところなのですが、これは通信型の保険は普通の保険会社より詐欺が多いです。
きちんとしている会社も多いのでその辺りを見極める必要がありそうですね。
保険相談 自動車免許 引越し

子供保険

あなたにはお子様はいらっしゃいますか?
もし、お子様がいる家庭ならば、子供保険というのを聞いた事があるのではないでしょうか?
また、子供保険に興味がある・・・なんていうお母様やお父様もおおいのではないですか?
子供保険に加入したいから、少し勉強してみよう!なんていう人もたくさんいると思います。
ここでは、子供保険についてさらっとお話したいと思っています。

ではまず、子供保険の目的とはなんでしょうか。
それは、入学、進学するときはお金がかかるものですよね。
それの足しにしたくて保険に加入する人が多いと思います。

また、それだけではなくて、お子様がもし怪我をしたら、病気になったら・・・
もし、他の子に怪我をさせてしまったら・・・
そんなことを考えて子供保険に加入するのではないですか?
こんな風に色々と保障してもらえば安心できる環境が更に整うのではないかと私は思います。

また、子供保険は、契約中に親がなくなってしまったり、大きな病気にかかってしまった時保険料が免除されるようなものもあるので、安心ですよ。
ところで生命保険は加入していますか?生命保険に加入するならまずは保険相談ですよ。

個人年金保険

皆さんは、老後のたくわえという物はありますか?
まだある程度若いと、老後の事を鮮明にイメージできなくてあまり心配しない人がいるようですね。
けれど、それでは遅いかもしれないのです。
老後になって慌てない為にもいくつかの個人年金保険を扱っている保険会社に目を通しておくといいのもしれないですね。

「個人年金保険」とはなんだろう?と思っている人もいるのではないでしょうか。
普通の年金と何が違うのか分からないという人が多いと思います。
ですが、今は老後に年金がもらえないんじゃないか・・・なんて噂されていますよね。
その心配がないのがこの、個人年金保険なのです。
そしてこの保険は、老後のたくわえを作る為だけの生命保険なのでとても効率が良いと言われています。
また、何歳から年金がもらえるかというのも自分で決めることが出来るのです。
とても嬉しい保険ですよね。
これなら、年金がくるのが早すぎた・・・という事も無いし逆に年金がまだこなくて辛い・・・なんてこともなくなるまでは行かないかもしれませんが、絶対に減るのではと思うのです。

けれど、年金を払う前に亡くなってしまったらどうなってしまうのでしょうか。
この場合は、それまで払った保険料に見合うくらいの死亡保険金しか入らないので注意しましょう。
保険相談

介護保険の保険金を受け取れる条件

民間の介護保険に加入している人、これから介護保険に加入しようとしている人など、様々な人がいるのではないでしょうか?
そして、どちらの人にも共通する疑問は保険金を受け取れる条件ではないですか?
保険に加入する人には、とりあえず安心する為に保険には加入したけれど、どんな時に受け取れるのかわからない。
なんて人が多くいる、と保険会社の担当さんに聞かせてもらいました。
それを聞いて、「あ、わたしもきちんと把握していないかもしれない・・・」と思ってしまいました。
そんなことにならないように介護保険の保険金を受け取れる条件を知っておきましょう。

まず、認知症になった・寝たきりになったばかりでは保険金はもらえません。
よく勘違いをして寝たきりになって3日以内にきました!なんて話を聞いたことが何度かあるのですがそれではその後、寝たきりじゃなくなる可能性だって無きにしも非ずだと思いませんか?認知症だって同じなのです。
これって認知症じゃないのかな?と思ってすぐに保険金をもらえるわけではないので
注意が必要ですね。

さて、保険金を受け取るには程度の日数が経過しなければいけません。
その「ある程度」は保険会社によって若干違うところもあるようなので注意してくださいね。
そして、介護が必要と認定された時までさかのぼって保険金をもらえるので安心してください。

公的介護保険

あなたは、「介護保険」と言うものにどんな事を望んでいるでしょうか。
介護保険に望むことは、一人一人違うのではないかと私は考えています。
介護保険に入ってその時がきたらお金をもらって自分自身で色々と決めたい人。
とりあえずの行き先があって、それなりに介護をしてくれるほうが良いと思っている人。
この考え方は人それぞれです。
どの保険が良いとは言えないので、自分自身にあって、自分が納得出来る保険を選びましょう。

ここでお話したいのは「公的介護保険」というものです。所謂、社会保険に属するもので国が運営する保険です。
保険会社の介護保険と何が違うのかな、と思った人も多いのではないでしょうか?
普通の介護保険とは、ただお金をもらえるという保険なのです。
今からお話しようとしている公的介護保険はお金ではなく実際に介護をしてくれるという保険なのです。

公的介護保険の保険料は、40歳以上になった国民は全員負担するのです。
つまり、国で保障してくれている介護保険のようなものですね。
そして、介護が必要になったら公的年金というところから引き出されます。
そして、自分の家での介護サービス又は介護施設での介護サービスがうけられる仕組みになっているのです。
生命保険加入なら保険相談

保険の払い方①

保険料の払い方ってどんなだろう?と考えたことはありませんか?
私の周りでは、疑問に思っている人もいるようです。

保険料の払い方はいくつか方法があります。
・毎月払う
これは、毎月保険料を払います。
面倒くさくても、この方法で払っている人が一番多いです。
忘れっぽい人はこの方法で払う癖をつけましょう。

・半年ごとに払う
半年に一回まとめて保険料を払います。
半年に一回なので、あまり面倒ではなくなります。
忘れないようにしてほしいやり方です。

・1年に一回払う
1年に一回まとめて保険を払います。
とても楽ですが、ある程度お金が必要な為、払うの忘れた!とか、お金が足りない!などのトラブルもおこりやすくなります。

そして、毎月払うよりも半年に一回の方が保険料が少しだけ安くなります。
また、半年に一回よりも1年に一回の方が安く済みます。自分が計画的に保険料を取っておけるのならなるべく1年に一回にまとめて払ったほうがお得になりますね。

自分の性格と相談をしてから決めた方がよさそうです。

保険金の計算

保険金ってどれくらいもらえるものなの?
どれくらいあれば残った人は安心なの?と考えた事はありますか?
上手く計算が出来なかったりそもそもどうやって計算をしたらいいのかも分からない人もいると思います。そこで、どれくらいの保険金が必要か簡単に調べる方法をお話します。

まず、十分な生活とはどんな生活を思い描きますか?
(ここでいう十分とは決して贅沢な暮らしと言うわけではありません)
衣食住が整っていて、子供がいる人は教育がきちんとできることだと思います。
毎日、食べていけるくらいの生活費、無理をして仕事をしなくても良い程度の収入があれば良いのです。

それは、(今の月収-亡くなった人の生活費分)ではないでしょうか?
更に年金やローンは保険金が支払われる場合もあるので引いておきます。

これで、簡単な計算はできます。
いくらくらいになりましたか?
それを参考にしながら保険会社と相談をし、決めていきましょう。

自分が納得するプランが練れたら契約しましょう。
妥協してはいけませんよ。
保険相談と自動車免許

配当金が無い保険

私の入っている保険で配当金がない!
保険会社が間違っている!と思った人もいるのではないでしょうか?
けれど、それは保険会社のミスではない場合が多いのです。
保険には配当金がある保険と、配当金がない保険に別れています。

配当金がある方のことを「有配当の保険」といいます。
有配当の保険だと配当金を貰う事ができます。
そして、有配当の保険にもタイプが2つあり、「3利源配当タイプ」と「利差配当タイプ」と呼ばれているのです。
この保険だとどちらのタイプでも配当金がもらえます。

そして、配当金がない方のことを「無配当の保険」といいます。
こっちにタイプだと、配当金はもらえないのです。
配当金がないタイプを選んでいるのに、
その事を忘れていて「配当金が来ないのだけれど」と言ってしまう契約者がちらほら現れる事があると保険会社に勤めている人がいっていました。

もし、あれ?と思ったら、自分が入っている保険
配当金がもらえるタイプだったのかを確認してみましょう。

保険配当金の受け取り方

保険会社から配当金が出ても受け取らなければ意味がありません。
保険配当金ってどうやって受け取るの?と考えている方もいるのではないでしょうか?
方法はいくつかありますが、受け取り方が選べないことがあります。
それは契約している内容や、その保険会社によって変わってくるからです。
一つ目の方法は「積み立て」という方法です。
これは保険の契約が満期で終了した時に貰う事ができます。
利息がついて、途中でおろすことも出来る便利な受け取り方法です。

二つ目の方法は「相殺」という方法です。
これは、配当金を、保険料の一部に当てる事ができて保険料の負担が軽くなります。
この方法では、直接現金として配当金はもらえませんがこれで配当金を受け取っている人も多く良い方法だと思います。

三つ目は「現金支払」という方法です。
これは、名前のとおり現金で配当金が受け取れます。
現金として自分の目で見て確認できるので一番安全な方法だと思います。

このようにいろいろな方法がありますが、
必ずしも受け取り方を選べるわけではないので勘違いをしないように気をつけたいですね。