自動車保険は30歳が壁?!

注目

自動車の任意保険。 運転する人はご存知ですよね。
ディーラーさんなんかで車を買われた方は、 そこで色々と紹介される事もあります。
入って損はない。 むしろ、入っていないと大変な事も考えられるって。

確かに、車に乗るという事は、 それなりの危険性と背中合わせということになります。
自分が気をつけていても、 周りの被害を受ける事も想定できるのです。
何があってもおかしくない時代。 自分の身は自分で守らないとね。

自動車の任意保険。 しっかりチェック!
どこに入るかは自分しだい。 自分の考え方で変わってくるでしょう。
やっぱり第一条件はお値段?? 同じ感じの内容でも、会社によって若干違ってきます。

結構値段って大きいですよね。 一般庶民の生活の支出は極力控えたい所。
自動車保険。 30歳を境にお値段が変わることも。 結構ドット変わったりするのでありがたい。

年を取るのはいやだけど、 そう思うと30歳でもいいのかもね。
任意保険 車の保険の加入。 お忘れなく!

学資保険はお腹のうちから!

子供の保険。 いわば、学資保険が当たり前かしら??定番になりつつありますよね。
子供が生まれたらまず考えよう・・・って。 子供の為、自分達の為?

でもでも、最近はお腹にいてる頃から目を付けられる。 そうそう保険会社の営業さん。
妊婦さんのイベントとかがあると、 絶対に学資保険の進めはありますね。

学資保険に入っていた方がいいですよ~って。
いわば売り込みになるんですが、 そこで顧客をゲットなのでしょう。

学資保険。 いわば、子供の保険になるのですが、 1番の理由は、学校行く為の資金作りの一つ。
学資保険の種類によって違ってくるので、 ハッキリとは言えないけれど、入学の時におろせる仕組みになっているのでは??

言い換えるのならば、積立貯金なのでしょう。
これならば安全パイ?

何かあっても保障もあるし、 教育費にも当てられる。
いいんじゃないですか??
でも、月々の出費はそれなりにあるということは、 理解しておきましょうね!
保険相談 借金相談

過払い金請求の無料相談

自転車保険

自動車保険ならぬ、自転車保険があるってご存知ですか?
最近では省エネ、節電が叫ばれており、昨年は電車を制限して運転していたこともあり、自転車で通勤する人も多くなってきました。

ジョギングやサイクリングも流行ってますよね。
先日ニュース番組でやっていたのですが都内では車と同じところを自転車が走っており、そのスピードもなかなかのもの。
自転車を運転する方もルールを心掛けないと危険です。自動車の運転に自信のない方は練習し直してみては如何でしょうか。

いつ事故が発生するか…道路を猛スピードで走る自転車の映像を見るとハラハラするものがありました。
自転車を運転する側にキチンとした保障のようなものはあるのかと調べてみたところ、ありました、自転車保険。
自転車の事故関係でいくつか検索してみると…

  • 自動車事故より被害が少ない場合が多いが、300万円以上の支払いをしなくてはならないこともある。
  • 事故件数が減らない。
  • 年齢や資格に制限がない分、自動車の運転者より交通ルールに対する意識が低い場合がある。

など「実際結構怖いものなんだなぁ」と思わせられるような結果が多くみられました。
自転車でも大きなケガを負うことは少なくありません。 自動車保険に比べると、リーズナブルに入れる自転車保険に今後加入する人も多くなってくるのではないでしょうか。
特に通勤や通学で自転車を使う人は、加入しておいた方がよさそうですよね。
自動車保険ならこちら

保険加入で注意すること

これから保険に加入しようとする人はたくさんいると思います。
自分にははだ早いかも・・・なんて考えている人もいるでしょう。
結婚して自分の家庭が出来たから保険を意識した!という人も多いのではないでしょうか?
では、保険に加入する時はどんなポイントをおさえなければいけないのでしょうか。
保険が難しいと思っている人に色々とたくさんの事を言うと、余計難しく感じてイライラしてしまうと思います。
なので、まずはここをおさえてみよう、というところをお話しましょうね。保険相談 東京おすすめ

一つ目におさえておきたいのは、「万が一、怪我や病気をした場合、どれだけ早く対応してくれるのか」ということです。
これには、迅速に対応してくれる担当者と、そもそもそこの保険会社がきちんと早く対応してくれる保険会社なのかということを見定めなければなりません。
普通の保険会社ならば、保険内容はあまり変わらないところが多いと思います。

唯一確かめなければいけないのはその保険会社が何かと文句をつけて保険金を出してくれないような会社じゃないという事を証明する事です。
ですが、そんなものは他人に聞いてみたり、インターネットで口コミを見たりすればすぐに出てきます。

なので本当に大切なのは「良い担当者かどうか」だと私は思うのです。
担当者と良い関係を築ける事が、おさえておかなければならないポイントだと思います。

通信型保険

皆さんは通信型保険というのを知っていますか?
通信型保険は、他の保険と違ってとても安いのが特徴になっています。
では、なんでそんなに安く出来るのかを考えた事はあるでしょうか。
また、通信型の保険でも、信用して契約する事ができると考えていますか?
「通信型」と言うところが引っかかって契約をしようという気になれないという人がとても多くいるようです。
ここでは、通信型保険の良いところと悪いところをお話していきたいと思います。

通信型の保険の良いところはまずはやはり他の保険と比べて安いところですよね。
「なんで、安くなるの?怪しいからなんじゃないの?」と思っている人もいるのかもしれませんね。
実は、通信型の保険加入は、普通の保険会社よりも審査が厳しいのです。
それはなぜかと言うと、通信型の保険会社には加入できるのはリスクの低い問題を起こさないようなお客さんだけにしぼるからです。
つまり、怪我をしそうだったり、事故を起こしそうな人は元々保険に加入できないようにしてあるのです。

次に悪いところなのですが、これは通信型の保険は普通の保険会社より詐欺が多いです。
きちんとしている会社も多いのでその辺りを見極める必要がありそうですね。
保険相談 自動車免許 引越し

保険の払い方①

保険料の払い方ってどんなだろう?と考えたことはありませんか?
私の周りでは、疑問に思っている人もいるようです。

保険料の払い方はいくつか方法があります。
・毎月払う
これは、毎月保険料を払います。
面倒くさくても、この方法で払っている人が一番多いです。
忘れっぽい人はこの方法で払う癖をつけましょう。

・半年ごとに払う
半年に一回まとめて保険料を払います。
半年に一回なので、あまり面倒ではなくなります。
忘れないようにしてほしいやり方です。

・1年に一回払う
1年に一回まとめて保険を払います。
とても楽ですが、ある程度お金が必要な為、払うの忘れた!とか、お金が足りない!などのトラブルもおこりやすくなります。

そして、毎月払うよりも半年に一回の方が保険料が少しだけ安くなります。
また、半年に一回よりも1年に一回の方が安く済みます。自分が計画的に保険料を取っておけるのならなるべく1年に一回にまとめて払ったほうがお得になりますね。

自分の性格と相談をしてから決めた方がよさそうです。

保険金の計算

保険金ってどれくらいもらえるものなの?
どれくらいあれば残った人は安心なの?と考えた事はありますか?
上手く計算が出来なかったりそもそもどうやって計算をしたらいいのかも分からない人もいると思います。そこで、どれくらいの保険金が必要か簡単に調べる方法をお話します。

まず、十分な生活とはどんな生活を思い描きますか?
(ここでいう十分とは決して贅沢な暮らしと言うわけではありません)
衣食住が整っていて、子供がいる人は教育がきちんとできることだと思います。
毎日、食べていけるくらいの生活費、無理をして仕事をしなくても良い程度の収入があれば良いのです。

それは、(今の月収-亡くなった人の生活費分)ではないでしょうか?
更に年金やローンは保険金が支払われる場合もあるので引いておきます。

これで、簡単な計算はできます。
いくらくらいになりましたか?
それを参考にしながら保険会社と相談をし、決めていきましょう。

自分が納得するプランが練れたら契約しましょう。
妥協してはいけませんよ。
保険相談と自動車免許

配当金が無い保険

私の入っている保険で配当金がない!
保険会社が間違っている!と思った人もいるのではないでしょうか?
けれど、それは保険会社のミスではない場合が多いのです。
保険には配当金がある保険と、配当金がない保険に別れています。

配当金がある方のことを「有配当の保険」といいます。
有配当の保険だと配当金を貰う事ができます。
そして、有配当の保険にもタイプが2つあり、「3利源配当タイプ」と「利差配当タイプ」と呼ばれているのです。
この保険だとどちらのタイプでも配当金がもらえます。

そして、配当金がない方のことを「無配当の保険」といいます。
こっちにタイプだと、配当金はもらえないのです。
配当金がないタイプを選んでいるのに、
その事を忘れていて「配当金が来ないのだけれど」と言ってしまう契約者がちらほら現れる事があると保険会社に勤めている人がいっていました。

もし、あれ?と思ったら、自分が入っている保険
配当金がもらえるタイプだったのかを確認してみましょう。

保険配当金の受け取り方

保険会社から配当金が出ても受け取らなければ意味がありません。
保険配当金ってどうやって受け取るの?と考えている方もいるのではないでしょうか?
方法はいくつかありますが、受け取り方が選べないことがあります。
それは契約している内容や、その保険会社によって変わってくるからです。
一つ目の方法は「積み立て」という方法です。
これは保険の契約が満期で終了した時に貰う事ができます。
利息がついて、途中でおろすことも出来る便利な受け取り方法です。

二つ目の方法は「相殺」という方法です。
これは、配当金を、保険料の一部に当てる事ができて保険料の負担が軽くなります。
この方法では、直接現金として配当金はもらえませんがこれで配当金を受け取っている人も多く良い方法だと思います。

三つ目は「現金支払」という方法です。
これは、名前のとおり現金で配当金が受け取れます。
現金として自分の目で見て確認できるので一番安全な方法だと思います。

このようにいろいろな方法がありますが、
必ずしも受け取り方を選べるわけではないので勘違いをしないように気をつけたいですね。

保険料の払い方②

保険料の払い方は様々です。
ここでは、保険料の払いかたをいくつか説明します。

一つ目は「一時払」です。
これは生命保険加入する時に、保険期間全部の保険料を一気に払ってしまう払い方です。
最初はお金がかかるけれど、払ってしまえばもう終わりなので良いといえば良い方法だと思います。

二つ目は「前納・一括払」です。
これは、数ヶ月分の保険料を払ってしまいます。
そこまで多くの金額を払うわけでもないのであまり負担にならず、なおかつ、面倒ではない払い方なのでオススメです。

三つ目は「ボーナス併用払」です。
年に二回のボーナスの時に少し多めに払うやり方です。
ボーナスの時に保険料を少し多く払うと、その他の月の保険料が安く済んで負担を軽くする事ができます。

四つ目は「頭金」です。
一番最初に、まとまった保険料を出す払い方です。
それを、保険金額の一部に当てる事で毎月の負担を軽くする事ができます。
この方法をとっている人も少なくはなく、最初のお金が準備できる人であれば
オススメしたい方法です。