子供保険

あなたにはお子様はいらっしゃいますか?
もし、お子様がいる家庭ならば、子供保険というのを聞いた事があるのではないでしょうか?
また、子供保険に興味がある・・・なんていうお母様やお父様もおおいのではないですか?
子供保険に加入したいから、少し勉強してみよう!なんていう人もたくさんいると思います。
ここでは、子供保険についてさらっとお話したいと思っています。

ではまず、子供保険の目的とはなんでしょうか。
それは、入学、進学するときはお金がかかるものですよね。
それの足しにしたくて保険に加入する人が多いと思います。

また、それだけではなくて、お子様がもし怪我をしたら、病気になったら・・・
もし、他の子に怪我をさせてしまったら・・・
そんなことを考えて子供保険に加入するのではないですか?
こんな風に色々と保障してもらえば安心できる環境が更に整うのではないかと私は思います。

また、子供保険は、契約中に親がなくなってしまったり、大きな病気にかかってしまった時保険料が免除されるようなものもあるので、安心ですよ。
ところで生命保険は加入していますか?生命保険に加入するならまずは保険相談ですよ。

介護保険の保険金を受け取れる条件

民間の介護保険に加入している人、これから介護保険に加入しようとしている人など、様々な人がいるのではないでしょうか?
そして、どちらの人にも共通する疑問は保険金を受け取れる条件ではないですか?
保険に加入する人には、とりあえず安心する為に保険には加入したけれど、どんな時に受け取れるのかわからない。
なんて人が多くいる、と保険会社の担当さんに聞かせてもらいました。
それを聞いて、「あ、わたしもきちんと把握していないかもしれない・・・」と思ってしまいました。
そんなことにならないように介護保険の保険金を受け取れる条件を知っておきましょう。

まず、認知症になった・寝たきりになったばかりでは保険金はもらえません。
よく勘違いをして寝たきりになって3日以内にきました!なんて話を聞いたことが何度かあるのですがそれではその後、寝たきりじゃなくなる可能性だって無きにしも非ずだと思いませんか?認知症だって同じなのです。
これって認知症じゃないのかな?と思ってすぐに保険金をもらえるわけではないので
注意が必要ですね。

さて、保険金を受け取るには程度の日数が経過しなければいけません。
その「ある程度」は保険会社によって若干違うところもあるようなので注意してくださいね。
そして、介護が必要と認定された時までさかのぼって保険金をもらえるので安心してください。

公的介護保険

あなたは、「介護保険」と言うものにどんな事を望んでいるでしょうか。
介護保険に望むことは、一人一人違うのではないかと私は考えています。
介護保険に入ってその時がきたらお金をもらって自分自身で色々と決めたい人。
とりあえずの行き先があって、それなりに介護をしてくれるほうが良いと思っている人。
この考え方は人それぞれです。
どの保険が良いとは言えないので、自分自身にあって、自分が納得出来る保険を選びましょう。

ここでお話したいのは「公的介護保険」というものです。所謂、社会保険に属するもので国が運営する保険です。
保険会社の介護保険と何が違うのかな、と思った人も多いのではないでしょうか?
普通の介護保険とは、ただお金をもらえるという保険なのです。
今からお話しようとしている公的介護保険はお金ではなく実際に介護をしてくれるという保険なのです。

公的介護保険の保険料は、40歳以上になった国民は全員負担するのです。
つまり、国で保障してくれている介護保険のようなものですね。
そして、介護が必要になったら公的年金というところから引き出されます。
そして、自分の家での介護サービス又は介護施設での介護サービスがうけられる仕組みになっているのです。
生命保険加入なら保険相談